どうかていBLOG-2

DUCATI StreetFighter S ファーストインプレッション!

公開 : 2020/09/22 : 2020/09/23

DUCATI StreetFighter S ファーストインプレッション!

StreetFighter S、舐めておりました…
結論から言ってこのバイク、ゴリラです(笑)

納車時には時間なくてあまり乗れなかったんですが、後日みっちり乗ってきました。いや〜楽しかった…ε-(´∀`; )

今回は納車後のSFSファーストインプレッションです。
主に、乗り換え前に乗っていたSF848と、1日レンタルしたことあるKTM SUPER DUKE 1290 Rとの比較を交えて解説します。

軽い乗り味に驚き

まずは軽快感が強くて驚き。
スペック上の重量差はSF848よりわずか2kg軽いだけでしたが、体感ではもっと軽いように感じます。
多少クイックならいいなぁくらいに考えていましたが、予想を超えてきました…(◎_◎;)
これがマルケジーニ効果か…
スペックの数値上だけでは予想できないこともあるなぁと嬉しい誤算!

足回りの違いについて

SFSの特徴は前後オーリンズとキャスター角。
足回りが良いと感じる理由は、走行中のゴツゴツ感が少ないから。
サスペンションは状態によって差が出やすいと思いますが、どちらも中古購入時の走行距離は同じくらい。
しなやかに動いているというよりかはゴツゴツ感を感じにくいという印象。サーキットだともっと違いを感じやすいのかも。

ただし、少し大きめの路面のギャップでは跳ねやすい特徴も。
うーん、これは少し怖いかも…
普通に走っている分にはサスが硬い、という印象は少なかったのですが、このように跳ねたりするときにはやっぱり硬いんだなぁと感じます。

また、SF848はキャスター角24.5°と、スポーツバイクにしては一般的な数値に対し、SFSは25.6°とわずかに寝ています。

キャスター角が寝ていると曲がりにくくなる傾向があるのですが、場面によってわずかに倒しにくさを感じたこともあったけど、ほぼ感じず。
足回りの軽さのアドバンテージが活きているのかも?

切れ味鋭いコーナリングが楽しい!

箱根ターンパイク、伊豆スカ、走ってまいりました( ´∀`)
中高速コーナーの多いコースです。
車重と足回りの軽さからか、倒しこみは軽くて自然。
また驚いたのは切り返しの鋭さ。スパッと動きます。
また、コントロールもしやすく、狙ったラインを走行できる感じが本当に楽しい!
気になってたアンダーステアもほぼ出ることなく、怖い思いも無し。
これは自制心との戦いですわ…

みなぎるパワー感

納車当時、恐る恐る乗っていたこともあり、
パワー感は848とそこまで変わらないかなぁ感じていたけれど、慣れてくるとかなり違うなと(汗)
SF848とのスペック比較はこんな感じ。

フルパワー同士での比較(ヨーロッパでの純正スペック)

SF848(2012年式)SFS(2010年式)
132ps @ 10000rpm155ps @ 9500rpm
93.5Nm @ 9500rpm119Nm @ 9500rpm
169kg (乾燥重量)167kg(乾燥重量)

やっぱり感じやすいのがトルク差。
3000回転くらいからでもグイグイ進みます。
また、中間加速もえげつないぞこりゃ…

以前に1日レンタルしたSDR1290と比べてみる

SDR1290スペック(2019年式)
174ps
141Nm
195kg(乾燥重量)

さすがにSDRの方がパワー感は上。
あのワープしてる感に比べてしまうとさすがに勝てないか…
しかし、軽快感と凄みについてはSFSのほうが上かも。
(ノーマル状態とカスタム状態での差はあるかもしれませんが…)

乗り味もなんというか、個人的にはDUCATIの方が好き。
どういう感覚なのか、はっきり言えないですが、なんか「乗っちゃいけないバイクに乗ってる感」というか…
多分、雑味なんだと思うんだけれど…笑

それが良い方向に働いて荒々しさを感じられるというか、ちょっとラフに乗ると「え、いいんですかコレ?」って感じる瞬間がちょいちょいあります。
明らかにSDR1290の方がスピードも上なんだけど、DUCATIのこういった乗り味の演出というのか、作りというか、ともかく凄いなぁって思います。

制動力もかなり高い

フロントのブレーキディスクとキャリパーも違います。
SF848は320mmの一般的な直径、SFSは330mmの大型ディスク。
キャリパーもツーリング向けっぽいモデルから、サーキットでも使いやすいM4というタイプが付いています。

ブレーキマスターは同じでも、制動力はけっこう違いました。
特に高速時からの制動力は安定しているしコントロールもしやすく安心感があります。
ただ、個体差の問題かもですが、
気になったのは低速時から停止までのフィーリング。
おそらくパッドの影響?「カサカサ〜」という少し不快な音がします。走行中は不快感なしなので、おそらく効きが良くフェード性も高いスポーツタイプのパッドになっているのではないかと思われます。
これって純正でこれなのかしら…?
リプレイスされている可能性もあり。

ともかく、加速、制動、コーナリングと、
運動性能はかなりエグいと言えそうですね。

乾式クラッチは発進がむずいが確かに楽しい

よく「乾式クラッチはスパッと繋がないとダメ」って話を聞きますがあれはウソです。本当にスパッと繋ぐとストールしてスネを打つからです。(*´-`)
4000回転発進からのストールは痛かったぜ…
「湿式に比べて半クラが短い方が良い」という意味なんでしょうね。(はじめからわかれよって感じ…?)

湿式に比べて、おそらく半分か三分の一くらいの時間でスパッと、という意味なんだと理解。実際に色々試してわかりました。
発進こそ気を使いますが、走り出してしまえば確かに湿式より楽しいかも。
繋がりのロスが少ない感じでダイレクト感あります。
その分、ギクシャクもしがちなので、乗り心地としては悪いかも…

個人的には乗り味が良いというより、停車時の「カラカラ〜」という音がカッコよくて良いです(笑)

まとめ

SF848はイケメン細マッチョ
SDR1290はスーツ着た大人マッチョ
SFSはゴリラ

ま、そんな感じです(´-`).。oO

よかった!と思ったらシェアしてね

11 件のコメント “DUCATI StreetFighter S ファーストインプレッション!”

  1. TakeoMotors より:

    早速ミラー換えてますね!
    豪華装備のS羨ましい限りです。
    私は、左右のブレンボマスターの蓋の黒塗装が剥げてるのが、運転中常時目について、どうしようか困ってます笑
    パタロウさんの様にマスター買えれば解決ですが。

    インプレがメーカー広報より分かりやすいです!

    • パタロウ パタロウ より:

      SF848からパーツ流用が結構できました笑
      マスター変更はフィーリング良くなって自己満度高いしいいですよ〜^^

  2. 風のささやき より:

    こんにちは。興味深い内容です。
    「乗っちゃいけないバイクに乗っている感、」、の行、いいですね。
    乾式クラッチのことなど参考になります。
    ありがとうございます。
    これからもよろしくお願いします。

    • パタロウ パタロウ より:

      ありがとうございますw
      乗っちゃいけないと言われると乗りたくなりますよね(゚∀゚)

  3. pani より:

    こんにちは。SF848とSF(1100cc)でどちらがいいか迷っていてこちらに辿り着きました。
    両方乗られた貴重な体験をお持ちとのことで、ぜひ次のことを教えて頂けないでしょうか。
    ①848で低速で開けるとウォォォのトルクが細い現象は、何回転以下のときですか?
    ②1100でもその現象はありますか?
    ③Lツインはものによって低速がバタバタして使えないですが、848と1100でそれぞれ下の方は何回転ぐらいまで使える感じでしょうか。848と1100で違いはありますか?
    ④Lツインは発進時に回転上げ気味にしないとプスンとエンストするものがありますが、そうで無い滑らかなモデル(ムルチとか)もあるようで(多分フライホイールかなと思いますが)、848と1100ではいかがでしょうか。必要回転数に違いはありますか?
    ⑤100km/h巡航時、振動などの違いはありますか? どちらが楽ですか?
    よろしくお願い致します!

  4. pani より:

    すみませんもう一つ。あしの内側でエキパイが近いですが、どれくらい熱くなるでしょうか?
    やけどするレベルか、あったかいレベルか。848と1100の場合で、よろしくお願いします。

    • パタロウ パタロウ より:

      たしかに両方のSF乗ってる人は少なそうですね…
      そのまま回答が難しかったので、以下にまとめてみました。

      ・トルクが細いのは848で4000回転以下。
      フルノーマルだとこの付近はストールしそうで怖いけど、フロントスプロケ14TとECU交換でかなり使いやすくなりますよ!2000回転くらいでも安心感高まります。1100にも入れる事検討中。
      1100は元からECU交換されていたのと、トルクが太いので低回転でのパワー不足をあまり感じないですが、代わりに乾式クラッチなので発進に毎回気を使います。
      ・振動が大きいのは1100、熱さも1100の方が熱いです。848でも夏場は厚手デニムはいても火傷しないにしても熱い時があります。冬場はシートヒーターになってちょうど良いのですが笑

      あと比較としてはスタイリングも考慮した方がいいかもです。1100の方がマッチョなイメージでお尻の上がり方も違うような…(車高関係なく)
      印象の違いは思ったより大きかったです。

      まとめると全体的に乗りやすいのがSF848です。14T導入がおすすめ。
      街乗りからサーキットまでバランス良さそう。
      1100は街乗りツラく、メンテ面倒ですが、ぶっ飛べます笑
      パワー差も思っていたより大きいです。ただセルフメンテ出来ないと色々キツそう。

      こんな感じでしょうか??
      参考にしていただければ!

  5. pani より:

    ありがとうございます。
    848のECUはどこで手に入れるんでしょうか? マフラーはノーマルでもいいんでしょうか?

    • パタロウ パタロウ より:

      ECUノーマルでも14T化するだけでも効果大きいと思いますよ^^
      ECU手に入れるならテルミのセット買うか、
      ヤフオク眺めてるとたまに出てます。
      もしくは「ストリートファイター848 パーツリスト」とかで検索し、落ちてる海外のパーツリストから型番拾ってさらに検索するとebeyなんかでも買えるかもしれません。
      マフラーノーマルでも良いですが社外にした方が軽いので負担が減る意味ではおすすめです。

  6. pani より:

    なるほど、参考になりました。中古市場を見ながら決めたいと思います。いいものがあったら1100でも848でも買いですね。

コメントを残す

CAPTCHA


※コメントは承認がおりてから掲載されます。

人気カテゴリーの記事一覧

全カテゴリー一覧

全タグ一覧