どうかていBLOG-2

公開 : 2021/07/19

刺激的なフルフェイスヘルメット ICON Airflite(アイコン エアーフライト)気になるやんけ調べてみた

ICONの代表的なヘルメットといえば、Airflite(エアーフライト)では??
ごく個人的な意見として、あのインパクトが忘れられず、私の中では「ICON」のアイコンになっちゃってます。(なんつって)
一目見ただけで印象にめちゃくちゃ残るあのスタイリング。
特に海外のインスタグラムでよく見かけるのですが、
他にはないこの独特のフォルムをすっかり覚えてしまいました。
この存在感、なんだかRurocに似たものを感じるぞ…

しかし、大手のバイク用品店にはなかなか姿を表さないICON。
手に取る機会が少なく、なかなか情報も少ない。
そんな気になるヘルメット、
「ICON Airflite」について調べてみました。

ICON(アイコン)とは??

ICONは2002年にアメリカオレゴン州に創業されたバイクウェアメーカー。
ヘルメットの他にもジャケット、グローブ、バイクシューズまで幅広く展開しています。
ホームページによれば、ストリートを主戦場とするエクストリームライダーのためにウェアを作り始めたとのことです。
アメリカを中心に世界的にも有名なブランドです。
本国ホームページはこちら。

Airflite(エアーフライト)のスタイリングと特徴

目立つところでは現在4モデル展開されているICONヘルメット。
「Airframe Pro」「Airflite」「Variant Pro」「Airform」です。
今回紹介する「Airflite」は、
スポーティーだけどツーリングでも使いやすいような、スポーツ系ヘルメットの立ち位置のモデルではないかと。
SHOEIでいうと「Z-8」のような感じですかね?
インナーバイザーも搭載されており実用性も考慮されています。

シャープなスタイリング

全体的にシャープでスタイリッシュな印象。
正面もさることながら、リアもカッコいい。
うなじの部分がグッポリくぼんでいてスポーティーだし、
リアスポイラーは主張しすぎず、程よいまとまり感があります。

唯一無二なシールドからくる独特のフォルム

出典:FC-Moto

まず一番の特徴とも言えるアゴまで伸びたシールド。
テトラポッドを逆にしたような独特の形状をしています。
正面から見ればヘルメットのほとんどがシールドやん、という感じ。
私が知る限り、このような形状のヘルメットは見たことがありません…
SF映画に出てきそうな兵隊のようでもあり、ミリタリー&近未来感満載なフォルムとなっています。

出典:FC-Moto

シールド下部には通気口があり、
これが本体側口元のベンチレーションとつながるようになっています。
ようできてますな。

刺激的でド派手なカラーリング

これはICONブランド全体の特徴と言えそうですが、
カラーとグラフィックがめちゃくちゃ刺激的。
これちゃんと見えんのかよってくらい真っ赤なシールドから、
フルゴールドのヘルメットまで。
グラッフィックはドラゴン、スカル、アメコミのようなド派手なモノから、
金属のような質感なもの、まるで戦闘機にペイントされているようなミリタリー感あるものまで、ともかくユニーク!
日本やヨーロッパとはやっぱり違う、アメリカンな雰囲気が満載です。

シールドやその他のパーツのカスタマイズ幅が広い

シールドをミラータイプにしたり、ステッカーを貼ってみたり。
普通ヘルメットカスタムといえばこんなところですかね?
ICONのシールドは単色カラーからグラデーションあるミラーモデルまで、かなりの種類があります。
これだけでも十分カスタム幅は広いのですが、それだけではありません。
他に交換や追加ができるのが、
インナーバイザー、サンバイザー、リアスポイラー、エアーフォイルという頭上に貼り付けるパーツまで、これだけ多くの箇所をカスタムできちゃいます。

ブランドから公式にパーツが出ているのは安心だし、交換するだけなのでお手軽。
これいいなぁ〜^^
自分のヘルメット感が気軽に出せるし、選ぶのが楽しそう!

シールドを外してゴーグルとサンバイザーをつければモトクロスな雰囲気にも変身。

スナップはこんな感じ

サイズ感も独特らしいので注意が必要

実際に試着したことがないので調査結果のみで恐縮ですが、
どうもサイズ感が小さいというレビューの多さが気になりました。
どうやら普段よりも1〜2サイズアップが無難なようです。
上記サイズチャートを掲載しているページはこちら。

うーむ、数値だけ見ると他メーカーとあまり遜色はなさそうなのに…
ブランドごとに癖があるので注意したいですね。

“MIPS”という安全性が高そうなモデルもある

出典:FC-Moto

DOT規格、ECE規格取得と、標準モデルでも安全性能は高そうなのですが、
さらに”MIPS(ミップス)”という、なんでも脳への刺激を回転性のなんたらでかんたらという、
ともかく特殊な内装を使用した安全性の高いモデルもあります。

調べてみると「多方向からの衝撃に対する防護システム。」とのこと。
こういったハイテクな雰囲気もいいですね。
MIPSについてはこちらの記事が参考になりそうです。

Airflite(エアーフライト)はどこで買える??

ICONのヘルメットは流通の多い海外通販(FC-Motoなど)でも購入できますし、
日本の正規代理店である「AFGMOTOSPORTS」さんからも手に入れることができます。
正規店からの購入ならPSCマークがついています。

サイズ感が独特そうなだけに、一度試着してみたいところですね。
おそらく店舗は茨城県つくば市にある1店舗だけな様子。
近場の人がうらやましいぜ…

価格は著名ブランドのフルフェイスとしては求めやすく40,000円前後。
海外通販と比べてもそこまで差が少なそうですね。
その他大手通販サイトでも並行輸入モデルなどが展開されています。

自分はBELLも好きなのですが、
アメリカンヘルメットって派手で遊び心ある感じが好きです^^
やっぱヘルメット探しは楽しいな…

この記事、ええやん…と思ったらサポートお願いします!

ここでは投げ銭感覚でパタロウへのサポートができます。
「な…こ、この記事の内容、いいじゃん…」と、心が動いたらあなたにはサポートをする資格があります。どんな額でもすごく励みになります。コメントも書けます。
集まったサポート金額は面白く役に立つ企画実現のために使う予定ですが、いつの間にかビール代に消えてしまう可能性を秘めているのは本当に申し訳ございません。
ただ、面白いコンテンツを作りたいという気持ちは本当です。
金額の合計は企画一覧ページにて公開中(手動入力です)。
コレいい!と思う企画についての投票を受け付けていますのでご応募おまちしてま〜す(´▽`)

※ 世界的に有名なStripeを使用しています。支払は1回限りです。
※ Apple PayではMastercard、JCBカードしか使えないようです。

¥100

2 件のコメント “刺激的なフルフェイスヘルメット ICON Airflite(アイコン エアーフライト)気になるやんけ調べてみた”

  1. 風のささやき より:

    こんばんは。お邪魔します。
    興味深い内容です。
    外国製のヘルメットも特徴があります。
    カッコいいです。✌️

コメントを残す

CAPTCHA


※コメントは承認がおりてから掲載されます。

新着記事の通知設定ができます

新しく記事が公開されたら
プッシュ通知でお知らせします。
※無料アプリ「Push7」のダウンロードが必要です。
(間違え公開しても通知されそうなのでそれはごめんなさい…)

人気のカテゴリー

カテゴリー一覧

記事検索

こんな記事も読まれています