どうかていBLOG-2

ダイネーゼのオールシーズン用ジャケットを一年間使ってみた感想

記事公開日: 2019/03/10

ダイネーゼのオールシーズン用ジャケットを一年間使ってみた感想

なるべく役立つ記事がかけるように、反応を見ながらブログを書こうと思っているのですが、
調べてたらダイネーゼのジャケットについて、着心地や使い勝手を知りたがっている人が多そうだったので、インプレでもしようと思います!
気づけばちょうどジャケットを買って1年だし、春から冬まで、ほぼオールシーズン使いました。

自分の場合、はじめてのバイクジャケットだったので色々悩んだのですが、結局、オールシーズン用のナイロン(テキスタイル)ジャケットにしました。
購入当初はこのジャケットが良いのか悪いのかよくわかりませんでしたが、
1年間使ってみた結果は、かなり満足度高かったので、今ではなかなかいい買い物だったなと思っています^^

選んだのは「D-FRAME TEX JACKET」というモデル。同じデザインでのメッシュジャケットもありますが、これはオールシーズンジャケットです。2017年の暮れに購入しました。
シンプルな作りだし、他のジャケットに比べると安めなので、エントリーモデルっぽい雰囲気があります。
実店舗でも色々なジャケットを見たことがあるのですが、他のナイロンジャケットモデルも、見て触った感じは同じような生地を使っていましたので参考になるかと思います。

ただ、自分はこのように見た目から入るタイプで、ダイネーゼ好きなので、そこのところは多少考慮しながら見るとちょうどいいかも(笑)。
特に良いなと思うところから、ちょっと気になるところまで、素直にレビューを書いてみました。

ジャケットにダイネーゼを選んだ理由

ダイネーゼがいいなぁと思ったのは、まずデザインからでした。
バイクジャケットはなにかと派手なものが多いので、初めてということもあり、なるべく普段着のように着れるようなシンプルなデザインの物を探してたんですが、数あるブランドのジャケットの中で、一番シンプルで、かつクオリティが高く感じたのがダイネーゼでした。(シンプルさについてはモデルによるかもですが…)
素材については、ジャケットって言えばレザージャケットがかっこいいし、安全だし、憧れるんですが、
値段が高いのと、着ていると玄人っぽい雰囲気が出そうで気が引けたので(笑)、まー初めてだしナイロンのでいいかなと。

見た目について

細かいところも作り込まれていて楽しい

例えば、正面のDAINESEの文字はレザーで入っていたり。チャックを開けると小さいイタリア国旗があったり。
背中には同色だけどロゴマークだけ浮き上がるようにしていたり。なかなか芸が細かいです。
こういった質感と細かいデザインは見てるだけでも楽しいし、個人的には好きなところ。
また、この1年の使用でもほつれは無し。縫製はかなりいいのではないでしょうか?

気になるのは丈の短さ

ひとつ気になるとしたら、丈の短さでしょうか。ダイネーゼはどのモデルも比較的丈が短めに出来てるような気がします。
サイズとしては、あんまり肩が張るのが嫌だったので、ピッタリ目のサイズを購入しました。それでも腕の長さはピッタリか少し余裕ある感じなのに対して、丈はかなり短く感じます。
直立すると、ベルトが丸ごと見えそうなくらいの長さ。自分の胴が長いだけ??(うそん…)
でも外人モデルもベルト見えてたし、短い作りなんだと信じる(笑)
後ろは前に比べて長めにできており、こちらはちょうどいい感じ。

なので、中に着るものはズボンにインしないとまず見えてしまいますが、もうはみ出るもんだと開き直って着ることにしてます。Gジャン的な?
例えばジャストサイズのTシャツの上からきるとこのくらいはみ出る感じ。
個人的にはそんなに変ではないし、バイクにまたがると全然気にならないからオッケーかなと思っています。

機能面について

プロテクターがあっても着心地は多分良い方だと思う

バイクジャケットなので、中にプロテクターパットが入っています。標準で入っているのは、肘と肩の合計4箇所。
ちなみに全て取ることも出来ます。また、背中の部分に入れるバックプロテクター用のスペースもあります。
着る時はちょっと邪魔ですが、薄手で柔らかめなので、着てしまえばほぼ邪魔になりません。また、特に肘はかなりガッチリしてるので安心感はかなり大きいです。
それゆえ重さはまあまあ感じるくらいあるのですが、長距離乗っても嫌な感じがしてこないしズレも無し。
他のメーカーのバイクジャケットを着続けたことがないので、なんともいないのですが、着心地はいい方だと言っていい気がします。

また、ジャケットの形は、乗車姿勢の時に楽なように若干猫背気味が楽なように作られています。乗っている時に楽なのはこの形の恩恵が大きいかもしれません。
副作用としてバイクを降りて歩く時は、ちょっと違和感を感じますが、前のジップを外せばあまり気になりません。

空力性能、防風性能が良くて疲れにくい

生地については厚手でかなりしっかりしていると思います。風をほぼ通しません。着ている上半身だけでいうと、風による寒さを感じることはほぼありませんでした。
また、空力性能もよく、風の抵抗を受けづらいのもいいところ。
普段着でも厚手ナイロンのジップアップパーカーを持っていて、これとダイネーゼジャケットを半々くらいで着ていた時期もあったのですが、疲労感の少なさは全然ジャケットの方が上です。
普段着のタイプだと、動きやすさ重視なのでどうしてもサイズに余裕があり、それが風を受けるとバタついてしまいます。これが意外と体力を奪っちゃうようですね。特に300kmを超すような長距離ツーリングでは、帰ってきた時の疲労感がだいぶ違いました。

フィッテイングについては一般的?腕のチャックは使い勝手いいと思う

袖はベルクロタイプではなく、縦にチャックがついてます。
手袋しながらでも閉めやすくて便利です。ただ、若干生地を噛みやすく、開け閉めでは引っかかりがちなのがちょっと残念…

また、腕にはサイズを絞れるボタンが2箇所、腰にはマジックタイプの絞りがついていて、体型にあうよう微調整ができます。
でもサイズをぴったりめなのを買ったからか、どちらもあまり使っておらずです。

ちょっと驚いたのは、ズボンと一体化できるチャックがついていたこと!
ツーピース用のレザーパンツとかありますよね?それがこのジャケットとくっついてくれるみたいです。
なんと伸縮用のゴムもセット。バラバラのアイテムを買っても一つにできるのは便利そうです。

温度調節について

真夏以外は着れちゃうよ!

5℃〜30℃くらいなら快適に着れるはず。
夏場も試しましたが、さすがに30℃以上ではきつかったです。。。(笑)
また、時期が長めの冬場に関しては、ネックウォーマーとインナーのフル装備で0℃くらいまでならいけるはず。
ヒートテックのような薄手の保温インナーと、ウィンドストッパーの組み合わせがかさばらないしおすすめです。特に寒い時は薄手の保温インナーを2枚がさねすればなお良しです。
また、ネックウォーマーもウィンドストッパー機能がついてるとかなりイイですよ。

インナーダウンは取り外し可能・外すとメッシュになっています

ジャケットにはチャックで取り外し可能なインナーがついています。インナーダウンのような感じですね。
これチャックとボタンで止まっているのですが、特に袖の部分にもボタンがあって、脱ぐときに外れにくいのはナイスだと思います。
欲を言えばインナーダウンだけでも切れたら便利でしたが、それは想定されていないようで見た目的には厳しそう(笑)

効果としては、結構薄手なので、ないよりあった方がいいかなくらい。それよりも、どんなインナーを着るかのほうが、防寒対策には効果がありそうです。
また、このダウンを外すと裏側はメッシュになっていて、湿気を逃しやすいように出来ているっぽいです。

ベンチレーションの効果はわかりづらいかな…

ベンチレーションは前側に2箇所、後ろ側にも2箇所です。
開けたからめっちゃすずしい!という事はないかも。。。ベンチレーションの効果は弱めです…

サイズについて

ヨーロッパブランドなので、数字での表記がデフォルトみたいです。
一度試着をしたことがあったのですが、サイズ50で少し大きめ、48で少し小さめでした。個人的には肩が貼りすぎてしまったりダボつくのがいやだったので、小さめの48を購入。
狙い通り、肩の張りは抑えられて、少しきつめではありますが、それでもインナーには3枚くらい重ね着できるし、結果的にこのサイズでよかったと思います。
もし試着できる場所が近くにあれば、一度着ておいた方がいいかもしれませんね。
ダイネーゼのサイズチャートはこちら

また、ZOZOスーツでの計測もおすすめ!実際に測って見ましたが、かなり正確な数字がでてびっくりです(;゚Д゚)
実際に自分の計測結果と、ダイネーゼ48サイズのサイズチャートの数字を比べて見ました。

自分のサイズ ダイネーゼ48サイズ
身長 180cm 172〜175cm
胸囲 96cm 94〜98cm
ウエスト 78.9cm 82〜86cm
袖丈 59cm 58〜59cm
首周り 38.9cm 38.5〜39.5cm

身長とウエスト以外は範囲内でした!しかし、特に身長はあてにならないな。。。
サイズチャートのその他の部位については信ぴょう性は高いと言えそうですね。試着の機会がない方はサイズチャートもぜひ参考にどうぞ。

これで、ジャケットのインプレは終わりかな。。。かなり詳しく書けたはず。。
他に気になる点とかあればコメントください^^

海外通販なら国内販売価格から30-40%安く買えます。

そんな良い感じなダイネーゼジャケットですが、一番のネックは国内販売価格が高い事。
でも、ちょっと調べてみたら海外通販サイトを使って個人輸入する事で安く手に入る事がわかりました。多少の差なら国内販売で買おうかと思ったのですが、3〜4割安かったので、ちょっと怖かったですがチャレンジしてみました笑
利用したのはFC-motoというサイト。
送料や関税などを考慮しても27,000円くらいでした。国内販売が約40,000円なので、大分安いです。
この値段でこのクオリティなら他ブランドと比べてもかなりいい方だと思います。
購入時の記事はこちら。

このFC-moto、ドイツの会社なのでヨーロッパブランドに強く、品揃えが多いし、価格もその他の海外通販サイトと比べて安い事が多い印象です。
興味あるかたは見てみてくださいまし。

よかった!と思ったらシェアしてね

2 件のコメント “ダイネーゼのオールシーズン用ジャケットを一年間使ってみた感想”

  1. 風のささやき より:

    ダイネーゼについて参考になります。(^.^)

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。