どうかていBLOG-2

チェーンメンテナンス前編-下準備とクリーニング

記事公開日: 2017/09/26 最終更新日: 2018/10/19

チェーンメンテナンス前編-下準備とクリーニング

せっかくメンテスタンドも買ったので、しばらくほったらしていたチェーンのメンテナンスでもしようかと。
購入してからは3,000kmほど走行。
購入時にはチェーンガードを吹いてもらってたのと、まめに注油していたので性能劣化はあまり感じていないのですが、汚れの飛びとビジュアルが気になっておりました。

モンスターの時は清掃自体初めてで不慣れだったのと、ローラースタンドだったので1時間くらいかかってしまっていました(笑)
今回はあの重いタイヤを回さないでいいかと思うと、すげー気が楽。

チェーンクリーニングで用意するもの

おなじみのワコーズグッズ。
ケミカルはチェーンクリーナー、パーツクリーナー、チェーンルブの3点あれば完璧。
パーツクリーナーはもっとやすいのでもいいのかも。。。
他はウエスは必須で、ゴミ袋や手袋は任意であると便利。

チェーンクリーニング開始

前回のブログでも書いたけれど、
ワコーズの営業さんらしき方がチェーンクリーニングについて解説してくれている動画があるので、
これを参考に進めて行きます。
動画はこちら

下準備はお好みで

自分は大きめのゴミ袋で本体をガードします。
なんとなくホイールに汚れが飛ぶのが嫌で。。。

あとせっかくなので、フロント側のカバーも外して掃除します。
5mmの六角ボルト2本外すと簡単に外れます。

予想はしていたけど、カスがびっしり。。。
これチェーンガードを吹いているとなりがち。
気分はよくないし、メンテで手が汚れやすいのも嫌だ。。。

チェーンガードはこまめな注油がいらなくて楽なのがいいけれど、
カスが溜まるわ、たまに飛び散ってシート裏にへばりつくわで、あまり好きになれず。。
パーツクリーナーでもなかなか取れない!
本体側のカスはスプロケ交換までほっておくか。。。

チェーンクリーナーと歯ブラシで汚れを落とす

準備できたら、まずはチェーンクリーナーから。ワコーズのだとブラシがついてるのでいいですね。
クリーナーをかけてブラシでこする、を繰り返します。
なんでも内側から磨いて、外側から汚れを出すのがいいんだそう。

さっと磨くだけでもすぐにこれくらい落ちます。
これを一周分まずは実施。

水で流してみるもイマイチ。。。

基本的にチェーンを水洗いするとその後錆びますが、
最後に吹くチェーンルブはある程度水っけがあっても、大丈夫なのだそう。
ちょっと試してみて、確かに汚れが落ちるけど、
チェーンガードが吹いてある場合は、なかなか落ちてくれず。。
内部も黒い汚れが完全には落ちきらない感じでした。洗浄効率は悪いかな。。。

一周したらこんな感じ。綺麗は綺麗だけど、まだ半分くらい汚れは残っていそうなのでもう少し綺麗にしたい。。。

結局パーツクリーナーでもう一周吹く

水流し効果はイマイチだったので、結局パーツクリーナーでもう一周吹くことに。
やっぱこっちの方が全然落ちるし楽チン。

合計3週ほど洗浄して綺麗になる

チェーンクリーナーで1周、水洗浄で1周、パーツクリーナーで1周してかなり綺麗になりました。
細かく見ていくと、まだ多少内部に黒い汚れがあるものの、なんかキリがなさそうなので、この辺にしておこう。。。
それにしてもチェーンが結構傷んでるな。。この時、走行12000kmくらい。

ウエスで水気をきる

チェーンルブはある程度水気があっても大丈夫みたいだけど、
なるべくウエスで拭いておくことに越したことはなし。
ワコーズ営業さん曰く、タオルでもいいけど、Tシャツみたいな生地の方が埃が付きづらくていいらしい。

チェーンルブを吹いていく

水気がとれたら、チェーンルブを吹いていきます。
内側から一周だけ、丁寧に吹いていくので十分かと思います。
途中、どこまで吹いたかわからなくなるので、カシメの部分など目安にするといいかも。

浸透させるのに10分くらいおくといいみたいです。
その後、ウエスで2〜3周拭いておくと飛びづらいらしい。

チェーンクリーニング完了

今回はスタンドのおかげで30分くらいで完了。チェーンが綺麗だといいね!!
今気づいたけど、スプロケきたねーな(笑)

長くなったので、チェーンの張り調整は後編に続きます。

よかった!と思ったらシェアしてね

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。