どうかていBLOG-2

ストファイ+ムルティでマスツーリング-伊豆スカイラインへ

記事公開日: 2019/04/14

ストファイ+ムルティでマスツーリング-伊豆スカイラインへ

今回で3回目のストファイツーリング。なんと前回よりもう2名追加で合計6名となりました。
恒例の伊豆スカに行ったのですが、桜もギリギリ咲いててくれて、寒すぎず、時期的には最高だったかと^^

なんだかどんどん集まってくるのが楽しくてあまり考えてなかったんですが、
やっぱりというか、6台という自分にとっては大所帯でのツーリングは大変でした(笑)
人によってペースが違うし、付いてきてるかな?と後ろを確認する回数も多くなります。

でも解散したあとに「あぁ、楽しかったな…」としみじみ浸るようなツーリングでした。
今回も、色々な発見がありましたので、その辺りも共有出来ればと思います^_^

ウェアラブルカメラで動画も撮りました!こちらもぜひ。

東名海老名PA集合-前回行けなかった伊豆スカイラインへ

またかという感じなのですが笑
やはり行きなれてる定番の場所へ行くことにしました。
集合場所は定番の東名高速海老名パーキングエリアに。
目的地は伊豆スカイラインのスカイポート亀石に設定。

海老名PAは朝の8時ごろでしたがすでに多くのバイクが。
見てるだけでも楽しいです^^

そして、見慣れたメンバーとニューカマーと合流。
この瞬間はいつもドキドキするなぁ。。。

ニューカマーの紹介

今回も濃いメンバーが来ましたぜ…

まずはゴッチさん。
赤いストファイ848で、テルミ入ってるし、なんか見た目は自分のと似てるなぁなんて思ってたんですが、なんと2台目のストファイ848だそう!
もうこの時点で只者ではない…

よく聞くと、運悪くキャッツアイをふんでしまって転倒。結構滑ってしまったらしく、フレームも逝ってしまい廃車に…怪我の方は膝が腫れてしまったそうですが、大事に至らすなにより((((;゚Д゚)))))))
次のバイクどうしようか悩んだそうですが、やっぱりストファイが好きで、書い直したのだとか。
ストファイへの愛が深いですね…自分は浮気性なので違う車種乗りたくなっちゃうかも…

次にまぐろさん。
待ち合わせの時に、「ここにいます!」的な写メを見たのが初見なのですが、赤いストファイと聞いてたのに、なにやら黒光ってるではありませんか…これはいったい…

うぉ!OZホイールッ…
というか、マジマジ見ると、純正パーツが見つからないくらい変わってましたw
何という事だ…ほぼフルカスタムに近い状態ですね。

しかも付いてるパーツにメジャーどころが少なく玄人っぽくて渋い…サスは前後MUPOだし、キャリパーはDISCACCIATI、ホイールもOZだけど、珍しいマットブラック…いったいどこで手に入れてるのか、もうわけわからん!笑

まず知らなかったメーカーの発見と、「こんなパーツあるんだ!」っていう驚きの詰まった車体でした。
いや、マグロさん…あんたただのマグロじゃないね…

主に海外通販を利用してパーツを購入しているそうで、安いサイトを色々教えてもらいました(*゚∀゚*)ヤッタゼ
やっぱ、そっちの方が絶対安いよね…

お買い得そうな海外通販サイト

セスタマリシア(SESTAMARCIA)
https://www.sestamarcia.com/

オムニアレーシング(omniaracing)
https://www.omniaracing.net

どちらも自分の検索能力ではみつけられなかったなぁ。。。
どちらのサイトもPayPal対応してるので、買い手保護制度使って購入できるのはいい感じ。

国内販売に比べると、特にホイールやマフラー、ブレーキ関係が安い印象。(比較するとなので、十分高いけど(汗))
うーむ、、、ちょっと怖いけど、国内に比べて30~40%くらい安いし、使ってみたい!

イエローストファイ→ムルティパイクスピーク!

なんと黄色のストファイ乗りだったレイさんが、ムルティにお乗り換え!
しかもパイクスピークだ!((((;゚Д゚)))))))

テルミカーボンが標準装備、そして前後オーリンズは羨ましすぎるぞ。。。。
ストファイと比べてどうですか?と聞いてみたところ、
ストファイと比べると、姿勢が楽だし、エンジン特性がマイルドで乗りやすいとのこと。
あとオーリンズの乗り心地はかなりいいみたいですね。 ​

いよいよ出発-立ち寄る場所に悩む…

いつもの集合トークも落ち着いてきたので、いよいよ出発。
東名高速→圏央道→西湘バイパス→箱根ターンパイク→伊豆スカイラインのルートを考えました。
このルートなら、道は楽しいし、ほぼ渋滞なし。
ただ、途中どこで休憩しようか、かなり悩ましかったです。

結局、あまりきちっと計画せずに適度に休んだんですが、
やっぱり6台いると、なんだか勝手にプレッシャーを感じてしまい。。。。(笑)
後ろついてきてるかなぁとか、休憩早くないかなぁ、とか色々考えてしまい、、、
どう見えていたかはわかりませんが、実はツーリング通していっぱいいっぱいでした(笑)

アネスト岩田ターンパイク箱根に到着

給油を済ませてから、西湘バイパスを抜けて、アネスト岩田ターンパイク箱根に到着。
ここはETCが使えないため、料金所で現金払いになります。
ただ、今回のように大勢の場合は、一人が全員分の料金を払って、一気に通過することもできます。

天気に恵まれたこともあり、ターンパイクの桜が綺麗でした!
そろそろ散ってしまうので、ぎりぎり間に合ったという感じ^^
意外だったのはいい感じの撮影スポットなのに人が少なめだったこと。
「御所ノ入り駐車場」という名前らしいです。

伊豆スカイライン到着-玄岳でのフォトジェニックすぎる写真

伊豆スカイラインも全員分の費用を払って一気に通過。
しばらく走るとお気に入りの場所、玄岳です。ここで写真を撮りたくなって停車。今日は天気もよくてかなり景色がいい!

やっぱストファイ5台は迫力ある笑
ムルティもアクセントが効いてていい感じ^^
こりゃええ写真撮れましたで!(*゚∀゚*)

Xliteの軽さに感動!

ストファイを移動させる時に、ゴッチさんのヘルメットを踏みそうになったので「ちょっと移動しますね」と持ってみたらめっちゃ軽い!
NOLANのカーボンヘルメットX-802でした。重量はNOLANのカーボンは値段的に比較的手に入れやすいので実は気になっていたモデル。しかもこの軽さでMFJ公認アンドSGマークあり!
サイズごとに違うようで正確な数字はわかりませんでしたが、およそ1300g前後という情報が。
SHOEIのZ-7と同じくらいですね。でも持って見た感じ、もっと軽い感じがしたなぁ。
自分の中ではかなりの衝撃で、本当に気になってしまい、後日ライコランドに試着しにいくという(笑)
モデルとしてはX-803になってました。かぶり心地も違和感なくいい感じ。
でもX14買ったばっかだからなー、、、まー買わないだろうけど、、、買わないよな、うん。(自分に言い聞かせる)

スカイポート亀石到着-その後、峠の茶屋でごはん

目的地のスカイポート亀石に到着。
ちょうどお昼時だったので、ご飯食べようと相談してたんですが、
スカイポートのご飯はスキー場のご飯感あるから、せっかくなら。。。という話になって、峠の茶屋へ行くことに。
スキー場のご飯はそれはそれで美味しいけど(笑)

やっぱ雰囲気あるなぁここ。
いつも混んでます。この日も結構混んでました。

なんかメニューの内容がわかりづらいのですが、そばとご飯のセットを注文。 安定の美味しさ!

ターンパイク麓で解散-皆さんありがとうございました!

一人の時は、帰りは亀石峠を下って、海沿いの135号から変えることが多いのですが、この道は渋滞しやすいんですね。
なので、伊豆スカとターンパイクをそのまま戻ることに。
費用はちょっとかかるけど、渋滞知らずで快適でした。

最後にターンパイク麓で記念撮影。なんだか学生時代を思い出したぞ。

終わってみると、ほどよい疲労感と夢見心地な感じがあって、なんだかテーマパーク行った帰りみたいな気持ちになっていました。
ツーリング最中は色々と気を張ってたのでいっぱいいっぱいでしたが、終わってみるとしみじみして「あー楽しかったなぁ…」と思い返すようなツーリングでした。
付き合ってくれた皆様、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした^^

ただやっぱり、台数増えると自由に動けなくなるなーとも実感。自分はどちらかというと気ままに走るのが好きなので、このあんばいが難しいですね。
今後は〇〇ミーティングみたいな感じで、どこか目的地をはっきり決めて、そこで集合&解散というのもいいかも?
いろいろ試していきたいです。

よかった!と思ったらシェアしてね

2 件のコメント “ストファイ+ムルティでマスツーリング-伊豆スカイラインへ”

  1. 風のささやき より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見しています。(^^)
    楽しいライディング、イイですね。オートバイ、最高です。
    海外の通販のサイトのことも参考になります。

    • パタロウ パタロウ より:

      こんにちは^^
      海外通販はちょっと敷居が高いイメージありますが、やってみると簡単ですよ〜
      ぜひお試しアレ!

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。