どうかていBLOG-2

リターンスプリング折れの修理完了-難易度高い整備はやっぱりディーラーに任せて良かった

記事公開日: 2018/12/10 最終更新日: 2018/12/12

リターンスプリング折れの修理完了-難易度高い整備はやっぱりディーラーに任せて良かった

前回のストファイツーリングで壊れてしまったシフトペダル。
症状は、ダウンシフトするとペダルが戻って来ないと言うもの。どうもリターンスプリングが怪しい。
実は交換動画も、ありがたいことにYoutubeであがっていて、
これ自分でできるかな。。。って思いましたが、結局DUCATI大田ディーラーにお願いすることにしました。
壊れたのがちょうど11月初めで、秋のツーリングシーズン真っ只中。
そのせいか整備のスケジュールが空いておらず、1ヶ月待ってからの修理となりました(泣)
11月は全く乗れず、、、天気よかったのになぁ、ちくしょう(;o;)

見てもらったらやっぱりリターンスプリングがぽっきり逝っており、交換するだけで直ってくれてよかったんですが、
そのスプリング交換作業は難易度が高くて断念。
くそー自分でやりたかったんだけどな。。。

交換動画はこちら。
車両はSBK848ですが、クランクケースの構造はストファイとほとんどor全く同じはずです。

諦めた一番のポイントは330Nmという馬鹿力で締めなければいけないボルトがあること。
これさえなければ、専用工具を手に入れてなんとか自分でできるんじゃないかと最後まで悩んでました(笑)
さすがにこの数値は。。。。これ動画の編集ミスじゃない??
って思ってサービスマニュアルも確認しましたがドンピシャでした。なんつー強力さよ。

調べたら330Nmが締められるトルクレンチが売ってたのですが、値段が約40,000円(笑)
修理代でちゃうやん。。。
こんな大きなトルクをそうそうかけることもないので、購入する踏ん切りもつかず。
まーでも今回の整備は難易度高かったし、失敗して別のとこ壊しちゃっても面倒だからよかったかなと。

リターンスプリングの破片がエンジンを傷つけてしまう恐れもあるらしい

ディーラーで修理を依頼した時に、「結構動かしちゃいましたか!?」って、わりと深刻な勢いで聞かれたので大分焦りました。。。
なんでも、折れたスプリングの破片がクランクケースにある穴から入ってしまうことも最悪あるらしく、
その場合クランクを傷つけてしまう事もあるのだとか(;゚Д゚)
ちょうど動画の 1:50 くらいのところで、クランクケースの穴にウエスを詰めているシーンがありますね。
ペダルは戻らなかったけれど、自走はできたのでそのまま帰って来ましたが、
結構やばかったんですね(汗)

自宅からでも無料ロードサービスが利用できた

そんなこと聞いたら、もうエンジンかけられません!(笑)
と言う事で自宅からは任意保険のロードサービスが使えないかな。。。?
と思ってダメ元で電話してみることに。
チューリッヒのバイク保険に入ってるのですが、聞いて見たところ、故障した状態で自宅にあっても無料のロードサービスを利用することができました!
チューリッヒは安いし、ネットで見積れるし、4年ほどまえの初めてのバイク(VESPA)に乗っていたころからずっと入っています。
これまで3台乗って来ましたが、気づいたら全部ロードサービスを利用していると言う(笑)これだけでも元はとった感あり(´∀`)ニヤリ
その他のサービスも充実していて、内容に不満があった事もないし、なかなかオススメの保険です^^

リターンスプリングの交換作業は、エンジンオイル、クーラントの交換もやる必要がある

外すのは左側のクランクケースカバーなので、単純に外すだけでも、エンジンオイルと、クーラントを出し切らなければいけません。
と言う事で強制交換。。。。
気になる工賃ですが、リターンスプリング交換作業だけで25,000円。
あとは先ほどのオイルとクーラント交換代や、スプリング代がのるんですが、
ありがたかったのは、自分で交換した時のクーラントが余っていたので、相談したら持ち込みができたこと。
正規ディーラーではまず嫌がられるだろうと思ってたので、ほんとありがたかったです。
(エンジンオイルもネットで買ったほうが安かったのですが、さすがに悪いかなと思ってやめました(笑))
そんな感じで、合計42,000円ほどでした。
うーん、、、高いのか安いのかわかんないけど「ギアぶっ壊れてて数十万円」みたいな大ごとにならなくてよかったかな。。。。

DUCATI大田ディーラーは信頼してるお店

モンスター821購入時からお世話になっているDUCATI大田ディーラーさん。DUCATI正規ディーラーであり個人的にはかなり信頼をおいております。
ただ、罠としては、正規ディーラーであればどこでも安心というわけではないようなので注意したいところ。
自分がここは信頼できる!と判断したのは「整備が正確だという勘」「人気で整備スケジュールがだいたい1週間くらい埋まっている」という2点でした。
1点目は勘かい!っていうかんじですが(笑)でも、直感も大事かなと思うんですよね(^^;)
具体的には、以前乗ってたモンスター821のステッカーを貼り直してもらったんですが、それがめちゃくちゃ綺麗だったんですよ。
ステッカーを正確に貼るのって難しいし、「まー多少ずれてもしゃーないな」くらいに思っていたので、
それがバシッとそろって、しかも左右も均一に出て来たのでびっくり。
「これは丁寧な仕事をしてくれそうだ。。。」と思いませんか?

ストファイを購入したのは値段につられて正規ディーラー以外だったのですが、購入時の整備状態は、まーひどいもんでした(笑)(このあたりは初期のブログを見ていただければわかるかと。。)あとから調べたら結構評判もよくないお店で。。。まー安かったししょうがないんですかね、、、、
ということで、DUCATIを買ったり整備をお願いするなら、
「評判の良い」正規ディーラーか、もしくはDUCATIに強いショップで購入するのがやっぱり安心だなとあらためて思いましたね。

ストファイ復活!長かったけど大事に至らず一安心

整備スケジュールが開くのが約3週間後、そして預け期間が1週間で、1ヶ月まるまるかかりましたが、大事に至らずよかった。。。
こちらが実際に折れていたリターンスプリング。予想してたよりもゴツイな。
折れたスプリングの有無もしっかり調べてくれていて、クランクケースの端っこにあったとのこと。
ちなみに折れるのはそんなに珍しいことじゃないみたいです(笑)
あとついさっき気づいたんですが、当時折れたと思っていたのは写真の20番のスプリングだったので、自分でやってたとしてたらこれまた面倒なことになってましたね。。。

取りに行ったら、ちょうどモンスター1200の25周年モデルがおいてありました。
グリップがプログリップついてたんですが、これって純正オプションなのかしら。。。
なんかホームページでもプログリップついてたしな。(細かいところが気になってしまう。。。)

最後に余談なのですが、オイル交換の際にちょうどサイクルでオイルフィルターも変える必要がありました。
DUCATIってオイルフィルターにも「DUCATI」ってさりげなく入っててなんかかっこいいんですよね。
実はK&Nのオイルフィルターも持っていたので、クーラントと一緒に持ち込もうかと悩んだんですが、
DUCATIのにしたくて、あえて持ち込まずに交換を依頼してました。

よし、これでかっこいいフィルターに戻るぜ^^
って思ってたんですが、気を利かせてくれたのかどうか、同じK&Nのフィルターがついているではありませんか(;▽;)
あれ、交換わすれかな??って一瞬思いましたが、以前の取り付け状態も以前とは違うし、領収書にもしっかり「K&N」って入ってました(笑)
細かいヤツだと思われても、これも言っておけばよかったなぁ。。。。

よかった!と思ったらシェアしてね

5 件のコメント “リターンスプリング折れの修理完了-難易度高い整備はやっぱりディーラーに任せて良かった”

  1. 風のささやき より:

    こんにちは。コメント、失礼します。
    マシンが復活して、おめでとうございます。楽しいライディングのブログをこれからも楽しみです。(^_^)
    私のM821のほうも走行距離表示がでなくなって、-ーーーーーー という表示なのです。これからもディーラーさんに見てもらう予定です。((^^))
    これからも楽しみです。
    失礼します。(^^)

    • パタロウ パタロウ より:

      ありがとうございます!^^
      モンスター大丈夫ですか??ドカはマイナートラブル多くていやですね。。。
      修理無事できることを祈っておりますm(__)m

  2. まぐ より:

    復活おめでとうございます!
    ロードサービスは自宅からでも使用できるんですねー。
    リターンスプリング折れは怖いということを知ることが出来たので、
    シフトペダルが怪しかったら即お店に持って行こうと思います(・ω・。)

    • パタロウ パタロウ より:

      長かったです。。。(TT)ありがとうございます。
      リターンスプリング要注意ですよ!
      そうそう折れないので大丈夫だと思いますが(笑)

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。