どうかていBLOG-2

公開 : 2021/04/20 : 2021/04/25

スマホをバイクに固定するQUAD LOCK(クアッドロック)を使ってみた

+4

小さくて軽いiPhoneSEが大好きで長く使ってましたが、iPhone12 Proに切り替えた事で、スマホが大きくて重たくなってしまいました。
印象的にバイクから落ちるリスクも大きくなっているような…
スマホ本体代も大幅に高くなっているし、絶対落としたくねぇ。。。
そこでスマホをガッチリ固定できるQUAD LOCK(クアッドロック)を試して見ることに。

QUAD LOCK(クアッドロック)とは?

オリジナルのスマホケースとマウントを使用することで、スマートフォンをガッチリと固定ができるマウントシステムです。
バイク、車、自転車など、さまざまな乗り物での使用に対応しており、ランニングの際に腕に固定することも出来るようですね。
取り付け取り外しは、90度ひねるだけ。とても簡単な仕組みになっています。

バイクに取り付けるスマホホルダーとして決め手となった4つのポイント

2012年に商品化されたQUAD LOCK。
リリース当初には見かけなかった便利なアイテムが追加されていました。
着々と進化しとる…

クアッドロックは「好きなスマホケースが使えない」というデメリットがあり決めかねてましたが、以下の点が決め手となりました。

1.スマートフォンに優しい振動吸収ダンパーがある

出典:QUAD LOCK

バイクの振動は実はスマホに悪いらしいのです。
カメラがおかしくなってしまったという事例も…
そして私のバイクは振動がでかい…
スマホを守れるというのは大きいぞ。

2.ハンドル周りの見た目がスッキリしている

出典:QUAD LOCK

大体のスマホホルダーは、ホルダー本体ごとバイクに取り付けるものが多いです。
するとバイクを降りた時にハンドル周りがもっさりしてしまいますよね。
ツーリング先でなるべくかっこよくバイクを撮りたいなと思うと、これが気になることがありました。
毎回取り外せば良いのですが、それも面倒で…
クアッドロックなら、スマホホルダーごと取り外す仕組みなため、
バイクのハンドル周りを比較的スッキリさせることができます。

3.スマホケースにリングがつけられ普段使いしやすそう

出典:QUAD LOCK

「普段使いでスマホ背面の溝が気になりそう…」
そんな印象でしたが、その溝にすっぽりはまるリングがあるではないですか!
リングをはめる事で自然な見栄えになるし、
重めのiPhoneを片手で支えやすいという実用性もある。ええやん。

4.自撮り用にも使える!

出典:QUAD LOCK

最後の後押しになったのがこれ。
カメラネジに固定できる変換マウントがあるんです。
よくツーリングに行く私にとっては、「バイクと映る自分」を撮りたいことがたまにあります。
三脚になるような自撮りツールはいくつか持っているのですが、
スマホを挟んで固定するタイプで、しっかり固定できているか心もとなく…
いつも倒れてしまわないか不安を感じながら使っていました。
しかしクアッドロックならそんな心配もなし。
インスタグラムをやってる人にもオススメそうですね。

購入場所はクアッドロックのアジア向けサイトから

クアッドロックジャパンという日本代理店もあるのですが、
欲しい商品のラインナップがなかったことと、
品切れの商品が多いため、アジア向けサイトから購入。

元はアメリカの製品なため、アメリカサイト(https://www.quadlockcase.com/)を閲覧していたのですが、最下部に「アジア向けはこちら」みたいなリンクがあります。

QUAD LOCKアジア向けサイト
https://www.quadlockcase.asia/

表示は英語で金額もドル表示ですが、
写真付きだし簡単な説明が多いので割とわかりやすいと思われます。

念のため配送地域を調べたら、きちんと日本にも対応していました。

もちろん、国内大手の通販サイトからも購入できます。

アカウント登録や決済方法-到着まではおよそ1週間

カートに商品を入れて購入手続きへ。
「コロナで遅れるかもごめんね。」的なメッセージが表示されました。

決済方法は各種クレジットカードや、ApplePay、PayPalなどが使えます。

購入画面でアカウント登録。名前や住所などこれらは念のため英語で。
住所入力は少し面倒ですが、郵便番号を入れると、主要な箇所は自動入力してくれるのが便利でした。

自分はPayPalでの支払いを選択。
69ドル以上の買い物で送料無料でした。海外発送でも無料なんてうれしいですね( ´ ▽ ` )
さらにちょうど10%OFFクーポンが使えるようでラッキーですね。
総額としても国内で購入するよりも少し安いようで、
クーポンを使わないでも10〜20%くらい安く買えそう
です。

注文の翌日には発送され、順次メールが届きます。
注文から到着までは予想より早く1週間くらいでした。
スムーズでびっくり。

バイクへの取り付け方

まずはスマホケースをスマホへ取り付けます。
質感はマットで落ち着きがあっていい感じ。

スマホが当たる面にはスポンジのようなショック緩衝材もありました。

スマホへの装着はサクッと完了。

次にマウントキットを開封。自分はハンドルバー固定用をチョイス。
ハンドルバーのサイズに合わせて直径22mm、25mm、28mm用の3つのスペーサーが同封されています。

また、なるべくハンドル周りをスッキリ見せたかったので、オプション的にブラックのレバーも購入しておきました。いわゆる黒ベロです。
こちらの交換作業を実施します。

クアッドロックジャパンでは残念ながら取り扱っておらず。
標準のブルーは結構目立つ色で、ハンドル周りを黒で統一したかったんです。
他にもレッドやホワイトの展開もあります。

クアッドロックは全ての取り付け取り外しが、同封されている六角レンチで出来ちゃいます。
簡単なのもいいですね。

レバーを上に上げて外しますが、その際にスプリングがわりの金属が飛び出てきそうになるので注意。

クアッドロック部分をバラしたところ。
かなりシンプルな作りをしていますね。

そのまま黒レバーへと交換し、逆の手順で組んで終了。

次にバイク側にマウントを取り付けます。
一番簡単なのは、ハンドルバーへの取り付けでしょう。

こちらも六角レンチで締め付け。まずは仮じめでOK。
自分のハンドルはテーパードハンドルといって、根元から先端にかけて細くなっているようなタイプなのですが、どうしても一部が円錐状になってしまい、その部分だと固定がしづらかったので注意が必要です。

直接ハンドルバーマウントにクアッドロック部分を取り付けることもできるのですが、
スマホの位置をなるべく中心に持って行きたかったため、延長バーを取り付けました。

うーん、なかなかのギリスペース。

ダンパーを取り付け、その後クアッドロック部分を取り付けます。
やっぱり黒統一は目立たないしいい感じ^^。
最後に、角度の微調整をして、ネジを本じめして完了です。
バイクへの取り付けはかなり簡単でした。

レバーを押してスマホを差し込んだら、45°捻ることで固定は完了。

スマホを取り付けてみました。
自分の場合、マウントしたのがハンドルバーのテーパード部分と少し被ってしまったため、
スマホが若干斜めになってしまいましたが、これくらいの角度なら大丈夫でしょう。

他にもこんなマウントや便利アイテムあり

ミラーに取り付ける

スクーターなど、バーハンドルがないバイクにぴったりですね。

ステアリングステムに取り付ける

スーパースポーツなどのセパレートハンドルに良さそう。
余分なものをつけてない感あり、見た目もすっきり自然でいい感じですね。

RAMマウントに取り付ける

普段RAMマウントを使っているなら、頭だけ交換も出来ちゃいます。
ボールジョイントは微調整がしやすくて便利そうですね。

スマホを充電できるアイテムも

なんとコードレスでスマホを充電出来ちゃうアイテムも。しかも防水仕様で雨が降っても大丈夫!
使用可能なスマホは限られますが、特に長距離ツーリングやバイク旅する人なんかには、めちゃ便利かも…

実際に使ってみた感想

さっそく長めのツーリングで使用してみました。
気持ち的には「しっかりスマホがはまっているかな??」という不安に駆られることのない安心感がよかったですね。
また、ダンパーの効果なのか、スマホの振動はかなり抑えられている印象でした。

ハンドル周りの見た目も、狙い通りスッキリ見えていいですね^^

自分の取り付け場所が悪く、ツーリング交換は若干マウントの緩みが発生しましたが、
それ以外は概ね満足!

カメラネジ用のマウントも使ってみました。

かなり小さいし軽いので持ち運びしやすくていいですね。

三脚を使ってスマホを固定してみました。こちらも固定感は抜群。
縦撮り、横撮りの切り替えもスムーズです。

スマホのタイマー撮影と合わせてこんな自撮りもバッチリでした。

スマホケースにつけられるリングも試してみました。
なにげに高級感あって見た目はいい感じ^^

がしかし、自分は指が太めなせいかリングにはめづらく、、、
また、はめていると次第に指が痛くなって使いづらかったのは残念…

また、バイクへ取り付ける際には外さないといけないので、リングの管理も面倒と言えば面倒かも?

ただこのリング、動画とか見る時に便利なスマホ立てとしても使えます。
こちらは角度もいい感じに決まってくれて、かなり使いやすいですね。

想像以上に見た目スッキリ! 外れないという安心感もよい

見た目のスッキリさ、外れないという安心感がいい感じ!
注意点としてはテーパードハンドルの場合、取り付け部分に制限があるといった感じでしょうか?

これまで長くRAMマウントを使っていましたが、こちらも良いところは多く、スマホホルダーとして有名ですよね。
別記事ではRAMマウントとQUAD LOCKの比較も実施予定です!

※RAMマウントについてはこちらをどうぞ。

※RAMマウントとQUAD LOCKの比較検証はこちら。

+4
この記事、ええやん…と思ったらサポートお願いします!

ここでは投げ銭感覚でパタロウへの支援ができます。
集まったサポート金額は全てのバイク好きに向けて、バイクライフをより楽しむための有益なコンテンツを作るために使わせていただきます。
サポート金額の合計は企画一覧ページで公開中(手動で入れています。)。
いいな!と思った企画についての投票を受け付けていますのでご応募お待ちしております!

※ Stripeを使用しています。支払は1回限りです。
※ Apple PayではMastercard、JCBカードしか使えないようです。

¥100

コメントを残す

CAPTCHA


※コメントは承認がおりてから掲載されます。

人気のカテゴリー

カテゴリー一覧

記事検索

こんな記事も読まれています