どうかていBLOG-2

行ったぜさわやかハンバーグ&日本平パークウェイ

記事公開日: 2017/10/10 最終更新日: 2017/10/11

行ったぜさわやかハンバーグ&日本平パークウェイ

10月の日曜日。ツーリングにはいい季節だ。。。。そして天気がいい!!
最近うずうずしていた私は、以前から気になっていたハンバーグを食べに静岡に向かうことを決意。炭焼きレストランさわやかだ。
加えて静岡にはいい道を通りたいという欲もあって、ちょうど日本平パークウェイなる良さげな道を発見し、ダブル目的地として設定する。

都内からだと東名使えば、休憩入れても3時間くらいで着いちゃうんだけど、
それだとつまんないから下道で行くことにした。

コースはこんな感じ

いかに楽しく下道を通るか、こだわりにこだわったこのコース。。。。
しょっぱな大黒ふ頭の清々しい橋をわたり、357号の気持ちの良い道を通り、その後、鎌倉を抜ける。
そして江ノ島沿い134号、西湘バイパスで海を堪能。
後半は、箱根ターンパイク、芦ノ湖沿いの75号、さらに富士山麓の山道を通り、山を堪能。
というフルコース!
片道およそ200km。
結構きつそうだ。。。が、好奇心の方がまさる!

朝6:00起床

休日だし混むことを考慮するとやはり朝は早い方がいい。
ただ朝が弱い私は、さっそく寝坊。。。
あわてて家を出るも、朝は思いの外冷え、さっそくコスチュームチェンジ。
タイチのウィンドストッパーは高いけど、高性能でまじ頼もしい。

朝の道はまだスカスカ。雲がいい感じ。

大黒ふ頭到着

ささっと大黒ふ頭到着。
ここは橋から眺める東京湾が最高です。
その後の357号も、道幅広く、交通量も少ないので快適な道。

鎌倉を抜けて134号へ

357号からの134号までは速度が落ちてちょっと苦戦。
海沿いの道を通るためには致し方ない。
この頃には8:00をまわっていました。

134号は由比ヶ浜から江ノ島にかけては混みやすく、時間帯を間違えるとやばい。。。
今回も8時過ぎだというのに、すでに少し渋滞が。
そして世界一の朝食とセルフブランディングをかますbillsには長蛇の列が、、、、
江ノ島を抜けた後の134号は車幅も増えて、超快適。
ここも好きな下道の一つ。
今後のルートを考え、給油もこの辺りで済ませておきます。

西湘バイパス

そのまま西湘バイパスへ。
ちょうど9:00くらい。結構通行量があったけれど全然流れていました。

海沿いの道は、堤防が高いところも多いけれど、
ここは程よい高さで、走りながらずっと海を眺められます。
海にはだいたい釣りをしている人がチラほら。
西湘バイパスを通るツーリングではおきまりの、西湘パーキングエリアで古い友人と待ち合わせ。
9:00をまわり、バイクの数が半端なく、通常のバイクパーキングには収まらないほどに。
こういう光景を見ると、まだまだバイク好きって多いんじゃないかと思える。

箱根ターンパイク到着

西湘バイパスから直行でターンパイクへ。
入り口では思いの外バイクは少ない。2台分先に料金を払って入場。

途中の展望台で一休み。
いい感じの雲が出ていて絶景でした。

ターンパイクを抜けたらそのまま芦ノ湖沿いの75号を北上します。

富士山の麓、152号へ

75号を登りきったら、138号をさらに北上し、23号、その後152号へ。
ここの道は以前から地図をみていて一度走ってみたかった道。
これまでは芦ノ湖周辺で観光地ということもあり、結構渋滞していたのですが、
23号あたりから、いきなりスカスカに。
なんでこの道空いてるんだろうなぁ、なんて思ってたんですが、
近くには米軍基地、さらに道の左右には自衛隊の演習場になっていたりして、なにげ怖い雰囲気。
路面は荒れ気味で、路肩には落ち葉が溜まっているし、動物注意の看板もチラほら。
自分は演習場の入り口も初めてみたし、好奇心で楽しかったけど、次回通りたいかというと、微妙かも。。。
152号をぬけたら、神奈川では考えられないくらい流れている1号をひたはしり、ついにさわやかへ。

さわやか到着!

1号の途中、有料道路なのかわかりづらく苦戦しつつもなんとか到着!
この時点で時間は14:00くらい。
にもかかわらず、というか、ちょうどいい時間だからなのか、さわやか激混み!
45分くらい待ってやっと店内へ。。。

やっぱり一押しのげんこつハンバーグ!
250gもあったけれど、全然それを感じさせずあっさり完食。
さすがにうまかった!

だだし体力は限界間近。。。さすがに下道7時間はきつかった。。。
友人と帰りのルートの話をしつつ、おそらく体力持たないから温泉で寝ようぜという話に。。。

日本平パークウェイへ

さわやかを出る頃には16:00をまわり、夕暮れに。
さきに温泉に行くと日没でアウトなので、疲れた体に鞭をうちつつ、日本平パークウェイへ。
この道、無料道路で、横浜付近に住んでる人ならわかるかもだけど、
朝比奈峠に似た片側一車線のくねくね道。
たしかに攻めるにはいい感じの道で、走りなれている地元ライダーに数台抜かされる。


頂上に着くと、お土産屋やら冒頭の石碑やらがあり、ゆっくりできる印象。
日本平は桜エビが有名らしいので、ボリュームにしてはかなり高い桜海老干しを買う。

こんな時間なのにライダーも多い。
たしかに家の近くにあったら、ちょくちょく行っちゃうかもなぁ。。。

体を休めるため温泉へ。。。

日本平パークウェイの近くには温泉が。
「天下泰平の湯すんぷ夢ひろば大江戸温泉物語」というらしいんだけれど、ここがなにげにいい!
温泉の他、食事処も広いし、無料で休める大広間もある。
露店風呂が4つくらいあって、室内もサウナや変わった温泉が楽しめるというなかなかの設備。
値段は大人900円で入場できて、バスタオルフェイスタオル200円。
費用も施設に比べたら良心的。

夜10:00過ぎ、帰宅へ

1時間くらい仮眠をとって帰路へ。
それでもヘトヘトだったので、東名でバビューンしたかったけど、大井松田から渋滞80分という鬼の情報をえて、沼津で降りて西湘パイパスから帰ることに。
今回のツーリングは往復約400km。給油3回の長旅でしたが、道も飯も最高でしたわ。

ただ、最近の気になる点として、サスの硬さ、がある。
ターンパイクみたいに路面が綺麗だとちょうどいいんだけれど、
少し道が荒れた峠では、突き上げが結構あって、弾かれて滑りそうで怖い。。。(実際滑った事はないのですが。。)
実は出発前に前後サスの調整値を確認したけど、標準のまま。
5年落ちで走行12000kmだし、サスがヘタっているせいもあるのか、
はたまた俺がヘタレなのかとも考えつつも、
それにしても硬すぎやしないかと感じています。
幸い、前後フルアジャスタブルなサスなので、調整したいのですが、
リアのプリロードの難易度が高く、これをどう調整するか。。。

よかった!と思ったらシェアしてね

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。