どうかていBLOG-2

公開 : 2021/05/30

主要9ブランドのバイクグローブのサイズ感を徹底検証!

買ったグローブがキツかったり緩かったり…
そもそもちょうど良いサイズ感がよくわからなかったし、ブランドによってもサイズ感が異なったりと、バイクグローブのサイズ選びには、なかなか苦労をしてきました。

そこで、これまで10モデル以上はバイクグローブを試してきた経験と、
ブランド別サイズ表を調査してみた結果をもとに、
主要9ブランドのバイクグローブのサイズ感をまとめてみました。

もちろん試着して選ぶのが一番だと思いますが、ネットで購入する場合も増えているし、
実店舗へ行っても品薄で試着できない場合もあるかと思います。
そんな方の参考になれば、これ幸いです。

手のサイズの測り方

まずは自分の手のサイズをチェック。
基本的には「手囲い」と「手長」の2種類です。
主に手囲いを基準にしているメーカーが多い印象ですね。
裁縫用のメジャーを使うと測りやすいです。

手囲いの測り方は、手を開いた状態で手の甲の出っ張っている「ナックル」部分を、
水平に一周した距離を測ります。

手長の測り方は、一番長い中指の先端から垂直におろし、
手首にある線までを測ります。

※測り方はメーカーによっても若干の違いあり。

バイクグローブのサイズ選び、オススメの方法

個人的には、まずは「指の長さ基準」で選ぶのがオススメです。
グローブをしっかり根元まではめてみて、指がきつくないかチェックします。

指がキツいと操作に支障がでるし、着け心地も悪くなります。
逆に長くて余っていてもレバーと干渉して気持ち悪かったり…
繊維が縦には伸びにくいという特性もあるかもしれません。
なんだが靴のサイズ選びと同じようなイメージですね。

指以外の、手のひらや手の甲の部分については、好みが出そうなところ。
少しきつい分には伸びてきたりもするので、長い目で見れば問題が少なそうです。
ゆるいと着け心地は快適なのですが、ハンドルのグリップ感が薄れてしまい、操作フィーリングとしては悪くなりそうです。

主要ブランド別バイクグローブのサイズ表一覧
しかし、あくまで目安程度か…

9ブランド分のサイズ表を掲載して起きたかったのですが、
なんと日本ブランドの多くがサイズ表を公表していないという衝撃(笑)
ただ、数字上はぴったりなサイズを選んでも、
実際に使ってみると「違うサイズの方がよかったかな?」と思うことも少なくないような…

KOMINE(コミネ)/日本

サイズ XS S M L XL 2XL 3XL
手囲い 17.5〜19.0 18.5〜20.0 19.5〜21.0 20.5〜22.0 21.5〜23.0 22.5〜24.0 23.5〜25.0
手長 16.0〜17.0 17.0〜18.0 18.0〜19.0 19.0〜20.0 20.0〜21.0 21.0〜22.0 22.0〜23.0

※公式になかったため大手通販サイトより。

RSタイチ(アールエスタイチ)/日本

サイズ S M L XL XXL 3XL 4XL WM WL
手囲い 22.0 23.0 24.0 25.0 26.0 27.0 28.0 20.0 21.0
手長 17.0 18.0 19.0 20.0 21.0 22.0 23.0 15.0 16.0

※公式サイトより。手囲いの測り方が斜め方法です。

GOLDWIN(ゴールドウイン)/日本

サイズ WS WM WL・S M L XL XXL
手囲い 17.0〜18.0 19.0〜20.0 21.0〜22.0 23.0〜24.0 25.0〜26.0 27.0〜28.0 28.0〜29.0

※公式サイトより。手囲いの測り方が斜め方法です。

KUSHITANI(クシタニ)/日本

※サイズ表なし

HYOD(ヒョウドウプロダクツ)/日本

※サイズ表なし

POWERAGE(パワーエイジ)/日本

※サイズ表なし

Alpinestars(アルパインスターズ)/イタリア

サイズ XS S M L XL 2XL 3XL
MENS手囲い 17.8〜20.3 20.3〜21.6 21.6〜22.9 22.9〜24.1 24.1〜25.4 25.4〜27.9
WOMENS手囲い 16.5〜17.8 17.8〜19.0 19.0〜20.3 20.3〜21.6 21.6〜22.9
アジアンフィット手囲い 17.2〜19.7 19.7〜21.0 21.0〜22.3 22.3〜23.5 23.5〜24.8

※公式サイトより

DAINESE(ダイネーゼ)/イタリア

サイズ XXXS XXS XS S M L XL XXL XXXL
手囲い 16.5 17.8 19.1 20.3 21.6 22.9 24.1 25.4 26.7

※公式サイトより

Rev’it(レブイット)/オランダ

サイズ S M L XL XXL 3XL
手囲い 19.4 – 20.6 20.7 – 21.9 22.0 – 23.1 23.2 – 24.4 24.5 – 25.7 25.8 – 27.0
手長 19.4 – 19.8 19.9 – 20.3 20.4 – 20.8 20.9 – 21.3 21.4 – 21.8 21.9 – 22.3

※公式サイトより

ブランド別サイズ感の違い

以下では私の手のサイズを元に、各ブランドのサイズ感についてまとめてみました。
実際に購入して使ってみたり、バイク用品店で試着した経験をもとにしています。
やってみるとけっこう違いがあって驚き。
私のサイズに近い方はもちろん、異なる方でもブランド別の違いとして参考にどうぞ。

私の手のサイズ

手囲い:約20-20.5cm
手長:約19-19.5cm

ブランド 適切だと思うサイズ 個人的補足事項
KOMINE
(コミネ)
L 特になし。
RSタイチ
(アールエスタイチ )
L>XL Lで良さそうだけど、ワンサイズ上でもいけそう?
GOLDWIN
(ゴールドウイン)
L 特になし。
KUSHITANI
(クシタニ)
M<L 指だけが短めな印象。
HYOD
(ヒョウドウプロダクツ)
XL 明らかにワンサイズ小さい印象。
POWERAGE
(パワーエイジ)
L 特になし。
Alpinestars
(アルパインスターズ)
L 特になし。
DAINESE
(ダイネーゼ)
M>L 少し大きめなサイズ感。ワンサイズくらい大きめ?
Rev’it
(レブイット)
M<L おそらくLがジャスト。モデルによってMでもいけそう。

※「>」「<」の記号は2つのサイズで迷うけれど、より適切だと思うサイズを表しています。
 例:MとL、どちらでもいけそうだけどLの方が良さそうだと思う場合→「M<L」

自分の標準的なサイズはLと言えそうです。
比較するとサイズ感の違いが大きいと思われるのが、HYODとDAINESE。

HYODは明らかにワンサイズ小さめで、Lサイズでは入り口からキツい印象でした。
XLでジャスト。
一方、DAINESEはおそらく「少しキツ目くらいで丁度良い」という考え方なのか、
指の長さで合わせると、手の甲など他の部分が少しキツくなる印象。

そのため、快適さで選ぶとLサイズなのですが、ちょっと指が余ってしまうといった感じです。
Mはきつめなのですが、指の長さもギリギリいけるかといった感じだったので、
ワンサイズ大きめに出来ているといってもいいかも。

また、癖がありそうなのはKUSHITANI。
指が少しだけ短めに作られている印象です。

そのため、指の長さで合わせると他の部分が緩めになりそうです。

その他のブランドは大体同じようなフィット感と言えそうですね。
個人的にはAlpinestarsのバイクグローブのバランスが良くていい感じ。
キツくもなく緩くもなく絶妙なサイズ感な印象があります。
MotoGPをはじめ、F1のグローブも作っているような本格的なメーカーなので、そもそも作りが良いのか?
もしくは、ただ単に私の手の形とあっているのかもしれません。

グローブの種類とサイズ感

「レーシンググローブ」「ツーリンググローブ」「ウインターグローブ」など、
他にも様々な種類がありますが、
個人的には、指の長さである「縦方向のサイズ感」については
どの種類のグローブでも変わらない印象があります。

違いはフィット感や圧迫感でしょうか?
例えばレーシンググローブなら、安全性と操作性重視であり、
プロテクターが多く、皮が厚くて、圧迫感が強いような作りだったり。
また、ツーリンググローブなら、最低限のプロテクターで、つけ心地重視で少し緩めに作られていたり。
そんな印象があります。

やっぱりテンション上がる見た目も大事

はめてみただけでは、使い心地を判断するのが難しいのがバイクグローブなのかもしれません。
ロングツーリングによく行く自分にとっては、ぴったりで快適なサイズを選びたい欲がハンパねぇです。
サーキットで使う人はもっと気を使いそう?

あとは、なんやかんや自分好みのデザインがいいですよね(´∀`)
グローブは常に視界に入るし見た目も重要!
最後に取り上げたブランドの特徴を軽く紹介しておきますぜ。

KOMINE(コミネ)/日本
バイクウェア界のユニクロ的存在。コスパ最強なブランドです。

RSタイチ (アールエスタイチ)/日本
カジュアルなデザインが特徴的。e-HEATという電熱グローブも有名です。

GOLDWIN(ゴールドウイン)/日本
バイクウェア以外にも幅広い製品を展開。GORETEXなどハイテク系素材に強そう。

KUSHITANI(クシタニ)/日本
革製品を得意とするハイブランド。テキスタイルジャケットなども有名。

HYOD(ヒョウドウプロダクツ)/日本
革製品を得意とするハイブランド。レースウェアの評判高し。

POWERAGE(パワーエイジ)/日本
普段着に近いバイクウェアを展開。どちらかというとクラシック系なイメージ。

Alpinestars(アルパインスターズ)/イタリア
2輪も4輪もレースシーンで有名なブランド。最先端の技術があるイメージ強し。

DAINESE(ダイネーゼ)/イタリア
実はバイクウェアとして最大手のブランド。ハイテクからレトロまで幅広く展開。

Rev’it(レブイット)/オランダ
カジュアル感強いブランド。独特なデザインも多く、コスパも良い印象。

この記事、ええやん…と思ったらサポートお願いします!

ここでは投げ銭感覚でパタロウへのサポートができます。
「な…こ、この記事の内容、いいじゃん…」と、心が動いたらあなたにはサポートをする資格があります。どんな額でもすごく励みになります。コメントも書けます。
集まったサポート金額は面白く役に立つ企画実現のために使う予定ですが、いつの間にかビール代に消えてしまう可能性を秘めているのは本当に申し訳ございません。
ただ、面白いコンテンツを作りたいという気持ちは本当です。
金額の合計は企画一覧ページにて公開中(手動入力です)。
コレいい!と思う企画についての投票を受け付けていますのでご応募おまちしてま〜す(´▽`)

※ 世界的に有名なStripeを使用しています。支払は1回限りです。
※ Apple PayではMastercard、JCBカードしか使えないようです。

¥100

コメントを残す

CAPTCHA


※コメントは承認がおりてから掲載されます。

人気のカテゴリー

カテゴリー一覧

記事検索

こんな記事も読まれています