どうかていBLOG-2

フロントスクリーンを外す方法-超大苦戦

記事公開日: 2017/05/13

フロントスクリーンを外す方法-超大苦戦


購入当初はDUCATI PAFORMANCE製とみられるフロントスクリーンがついていました。
風が当たりにくくなるのはありがたいのですが、見た目があまり好きではなくて、とってしまおうと。
「まーネジだけでさらっととまっているだけでしょ」と安易に考えていたのですが、、、

どのように付いているか模索する

スクリーン自体を外すのは簡単


スクリーン自体は左右4つのネジで止まっているのみ。
これを外すと簡単にはずれます。

その後現れる怪しげな鉄板。。


スクリーンを外すとそこには鬼のツノのような怪しげな鉄板が。
カバーの横ってこんな穴空いてたっけ??
しかも付け根がメーターカバーの中にあるっぽいという。。。
大苦戦の予感。。。。

とりあえずメーターカバーをとってみる


メーターカバーは2本のネジで止まっているのみ。
かぱっと外すと鉄板の付け根が現れました。
ヘッドライトとメーターを止めるネジの間に噛ませてるようですね。
ぱっと見、真ん中のネジ1本で止まっているのかと思いきや、下側左右にも2本のネジが。。。

うーん、、、


この状態だと下側のネジってとれないな。。。
スペースが少なすぎて工具が入らない。

ここでヘッドライト分解が決定的に。。。
やるねDUCATI設計!!

フロントスクリーンの外し方

必要工具

各種六角レンチと8mm六角ソケット。
ウエス。(マットガードを保護するため)
マイナスドライバーがあればなお良し。

事前準備:左側のエアクリボックスを外しウエスを用意。

ネジ類をとってヘッドライトを本体からはずしても、
ケーブルを4箇所くらい外さないと完全には外れず、さらに、このうち1箇所は車体左側のエアクリボックスを外さねばなりません。2種類の六角ネジでとまっています。
写真にあるヘッドライト側に伸びているカプラーを外しておきます。

また、ヘッドライトはコードに繋がれたままぶらーんとしてしまうので、マッドガードにウエスを置いておくことがオススメします。

ヘッドライトを止めているナットを外す



ヘッドライトは上下左右の4点止め。
上側はゴムブッシュに引っかかっているだけで、下側は裏側左右のナットで止まっています。
下側のナットを二つ外して、バイク前側から手前に引いてそのまま上にあげる感じで外します。
以下の動画が参考になるかも。

ヘッドライトをマッドガードの上に置いておく


下側のナットを外し、上側のゴムブッシュからツッパリを抜いたら、本体から離れますが、
コードを外さなければいけません。
この時、マッドガードの上にヘッドライトを置いておきながら作業するのが楽かもです。
(ウエスを引くことオススメ。少し不安定なので、ヘッドライトを落とさないよう注意。)

ヘッドライト裏の配線を外す。


ヘッドライト裏には3つの配線をはずします。
黒くて大きいものと、白で小さいもの、また2本に分かれてギボシでとまっているものです。
ギボシは戻す時に間違えないように、色を覚えておくといいです。
この辺りも動画が参考になるかと。

ヘッドライトが外れました!


4つの配線をすべて外したら、やっとヘッドライトがとれます。
あとはヘッドライトの解体作業です。

外装から外す


ヘッドライトを裏返して、上下左右の四隅にある黒いネジと下部分にある合計5点のネジを外します。


これで外装が外れました。
しかし、ネジを取るためのスペースは未だ確保できず。。。
ここまでしてもダメなのか。。。

なんか外側のグレーの部分を外す


まーうすうす気づいていたのですが、ライト周りを囲っているグレーの部分を外すしかないようです。
それには写真の4つの六角ネジを外します。
しかし、左下にはなにかの装置があるらしく、ゴム蓋を外す必要があります。


謎のカプラーがついているので、サクッと外し、
ゴムの端をもって、結構力を入れて剥がします。ちぎれそうで少し怖かったですが、
硬いゴムだったので大丈夫でした。
ゴムをめくると六角ネジが外せる状態になります。

しかし、、
ネジを外したあとも、なんかライトの溝が引っかかってしまい、
10分くらいガチャガチャ…
傷つくのが怖くて思い切りが悪かったんですね。。
ちょっと勇気が入りましたが、知恵の輪的な感覚で、グレーの部分とヘッドライトが当たらないよう注意しながら、グイっとひっぱたらなんとか外れました。


やっとここまで来た!

ようやく鉄板を外す


しかし大変すぎだろ。。。と思いつつようやく鉄板を除去。


DUCATIのメンテナンスマニュアルを見て確認したのですが、特に代わりのプレートなどは無いようで、
そのまま逆の手順で組み上げて完了です。


うーん穴はそのまま残ってしまったが、ま、大丈夫でしょ。
穴なしのカバーを近々買わなくては。

よかった!と思ったらシェアしてね

4 件のコメント “フロントスクリーンを外す方法-超大苦戦”

  1. 風のささやき より:

    こんにちは(^-^)
    興味深く拝見しました。構造も作業も複雑ですね。車両はカッコいいですね。良いコンディションになったときのブログを楽しみにしています。(^.^)

    • パタロウ パタロウ より:

      こんばんわ^^
      構造、複雑です。。。
      あっさり脱着できると思いきや、スクリーン関係はご注意ですよ!

      • SF1098S より:

        パタロウさん初めましてsf1098sです。
        DPフロントスクリーン取り付けるための穴空いたカバーありませんか?
        探してもなかなか見つからないんで…涙。

        • パタロウ パタロウ より:

          どーも初めまして!
          あの穴空いたカバーなんですが、ヤフオクで売るときに一緒につけちゃいました^^;
          あれ確かになかなかなさそうですね(;o;)
          ご対処、応援しております。。。

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。